Bungo Beef

Bungo Beef

豊後牛について

大分が誇る極上の
“豊後牛”

豊かな自然が育んだ豊後牛

肉本来の旨みを余すことなく召し上がって
いただきたいそんな思いをステーキに込めて…。
老舗ステーキハウスならではの厳選した豊後牛を
使用した肉厚で旨みあふれるステーキを
最高潮の時にお出しします。

こだわりの食材を使ったメニューをご用意

そむりの豊後牛ステーキは
大分の中でも、
肉質等級が4等級以上
「おおいた豊後牛 頂」
のお肉のみを使用しております。
大分が誇る極上の豊後牛
ぜひご堪能ください。

Bungo Beef

豊後牛とは

大分の恵まれた自然に育まれた豊後牛は輝かしい歴史と実績を持つ牛肉の最高傑作です。
その肉質は、風味豊かで、まろやかでとろけるような味わいが特長です。なかでも、大分県内で最も長く肥育された36ヵ月齢未満の黒毛和種のうち肉質等級2等級以上のものだけが「おおいた豊後牛」と呼ばれます。その中でも肉質等級が4等級以上のものを「おおいた豊後牛 頂」と呼んでいます。

Bungo Beef

History

豊後牛の歴史

豊後牛の歴史は古く、大正10年、東京で開催された畜産博覧会で「千代山」号が一等賞に輝き「牛は豊後が日本一」という幟を掲げ銀座をパレードしたとの記録が残っています。
平成4年に大分県で開催された和牛のオリンピック『第6回全国和牛能力共進会』やスーパー種雄牛「糸福」号の活躍もあり全国に知られるようになりました。
平成29年9月には「第11回全国和牛能力共進会」において、第4区種牛の部で内閣総理大臣賞を受賞しました。全区で優等賞入賞、総合で全国第3位と輝かしい成績を収めています。

History
Copyright (C) Somuri. All Rights Reserved.